ご挨拶、ならびに私の県政への思い

改めまして、田中みつるでございます。

2009年八戸市議会議員から政治活動を始めて8年。

市議会議員時代には、2011年の東日本大震災を経験し、「八戸市のために何ができるか?」を日々模索し行動してきました。

私が政治に関わったのは、当時の国会議員であります田名部匡省参議院議員の全県選挙の時でした。当時、県内をくまなく回りながら、青森県の課題を目の当たりにしました。特に短命県であること、そして未来を担う若者の県外流出による人口減少。このことが、八戸市議会議員に立候補した理由のひとつでした。

そして、市政にかかわりながら、いつしか県政に関わって、もっと地元である八戸市のために力を注ぎたいと思うようになりました。

青森県全体に企業誘致をするより、元々青森県一の工業都市、水産業都市の八戸市にもっと企業誘致をすれば、今以上に経済効果が高まり青森県全体が潤うのではないでしょうか?

地域特性を生かして分散よりも一極集中を目指したほうが、波及効果も大きくなるものと私は確信しております。

低所得者の多い青森県民が、ひとりでも多く日々幸せを感じられる県政を目指し、青森県議会議員の立場から、一生懸命頑張っていきたいと思います。

田中満のビジョン

①短命県返上

★青森県のどの地域に住んでいても、医療の充実・福祉のサービスをしっかりと受けられる体制作り

★二人に一人がガンにかかる時代。早期発見早期治療ができる県立がんセンターの設立

★安心してこどもが何人でも生める県を目指し、未来を担うこどもたちの支援ができる体制作り

若者の県外流出防止

②若者の県外流出防止

★青森県の魅力を最大限アピールし、県外企業が青森県に進出することにより企業側と雇用される側どちらにとっても十分な経済効果を生み出せる環境

★子どもたちや若者が、幼少期からの体験や経験を通じて、その地域に魅力を感じ、進学や就職のために一度は青森県を離れてもUターンで再びふるさとに戻り就職や子育てができる環境を構築

農林水産業の活性化

③農林水産業の活性化

★青森県は北海道に次ぐ全国2位の農産物供給県ですが、北海道ほどネームバリューはない。地産地消をもっと活性化し、青森県民が県民の作り上げた農水産物を食べ、青森県内の自給自足率を上げていくことで活性化

★農林水産業者の後継者が、しっかりと収入を上げることができる仕組みづくり

高齢者・障害者福祉の充実

④高齢者・障がい者福祉の充実

★障がい者の雇用拡大とその家庭の支援体制の整備

★うつ病、生活苦、などによる自殺防止と予防対策の強化に努め、心の健康づくりの相談体制の拡充

★福祉関係職員給与を一般企業水準にし、人材不足の改善

田中みつるへのお問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

ご用件
お名前 ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角) ※必須
性別 男 
お問い合わせ内容

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください

アクセス